女性ナース

強い心で現代社会を生き抜こう|うつ病はいくつかの種類に分けられる

理解することの重要性

握手

新型うつ特有の傾向

増え続けているうつ病患者の中でも、特に都市部の若い世代を中心として患者数が急増しているのが新型うつ病です。うつ病を大きく2つの種類に分けて考えた場合、従来型はメランコリー親和型とも呼ばれています。メランコリー親和型の性格には真面目で几帳面、責任感が強いといった特徴が見られます。そういう人ほどストレスが溜まりやすく、うつ病発症リスクも高いと考えられてきました。これに対して新型うつ病と呼ばれる新しい種類の患者には、メランコリー親和型と異なる性格の人が少なくありません。繊細で感受性の強い人が多く、どちらかと言うと責任を回避する傾向が見られます。そのような性格の人はストレスへの抵抗力が弱いと言われており、従来型とは違った意味でうつ病を発症しやすいのです。新型うつの患者は何かと誤解されやすく、症状が表れても周囲の人は病気だとなかなか認めてくれないことも少なくありません。職場ではうつ状態にありながら、家に帰れば一時的に症状が改善し、趣味やさまざまな活動を楽しむのに支障がない事例もあります。しかしながら新型うつ病患者も、従来型の患者と同じように症状には苦しんでいます。顕著な症状が表れるのはストレスを受ける特定の環境に限られることが多いため、どうしても誤解を受けやすいのです。こうした苦しい状況を打破するためには、病院を味方につけるしかありません。精神科や心療内科の医師なら、そんな新型うつ病患者を誰よりも理解してくれます。

どれだけ支えられるか

周囲の理解が得られなかった新型うつ病患者にとっては、精神科や心療内科といった病院が駆け込み寺のような存在となります。新型と言っても正式な医学用語ではなく、便宜上そのように呼ばれているだけです。新型や従来型といった種類に関わらず、病院にとってうつ病患者は等しく治療の対象となります。従来型のうつ病と同様、この新しいタイプの患者も自力で治るのは困難です。症状を改善させていくためには病院と医師の助けが必要なのです。精神科や心療内科には新型も含めたうつ病についての豊富な症例と専門知識、最新技術が集積されています。勤務している医師や臨床心理士は心の医療の専門家ですので、受診さえできれば安心して治療を受けることができます。治療はどちらの種類のうつ病でも基本的に同じです。患者の性格や体質、症状の進行度合いなどによって処方される薬や併用される心理療法は変わってきます。心が過労の状態にある患者であっても、誰かがサポートしてあげることで重い症状も少しずつ改善に向かっていくものなのです。精神科や心療内科はそんなうつ病患者を全面的に支えてくれます。病院とともに周囲の人たちも患者を支えられるように、社会全体がうつ病に対する理解度を高めることが望ましいのです。