2人の男性医師

強い心で現代社会を生き抜こう|うつ病はいくつかの種類に分けられる

発症のタイプと病院活用法

病院

うつ病が増えている背景には、特に若年層で新型うつと呼ばれるタイプが増えていることも指摘されます。従来型と新型といった種類に関わらず、うつ病治療には病院の徹底活用が欠かせません。精神科や心療内科にはうつ病に関するノウハウが蓄積されているのです。

View Detail

理解することの重要性

握手

うつ病には大きく分けて、従来型と新型という2種類の患者がいると言われています。新型うつとも呼ばれる非定型うつ病の患者は誤解されやすいですが、治療のためには周囲の理解も欠かせません。自力で治るのが難しく、病院のサポートが必要な点でも従来型うつ病と変わらないのです。

View Detail

新しいタイプも増えている

病院内

典型的なタイプ

うつ病の発症にはストレスが大きく関わっていると言われています。そのためストレスに弱い人が発症しやすいように思われがちですが、実際には必ずしもそうとは言い切れません。むしろストレスに強く、限界まで溜め込むようなタイプの人の方が発症しやすい面があります。うつ病になりやすい典型的な性格は、メランコリー親和型と呼ばれています。そのような人は真面目で誠実な性格をしていることが多く、仕事や人間関係に対する責任感も強いのが特徴です。几帳面さや気配り、努力家といった属性も挙げられます。そうした性格は人間関係の上でプラスに作用することが多い反面、本人にとってはストレスを溜め込むことにつながりやすいものです。自分を犠牲にしてでも仕事や他人を優先させることが多くなり、我慢に我慢を重ねます。無理を続けているうちにうつ病を発症してしまうのです。一口にうつ病と呼ばれる病気にも種類があって、このメランコリー親和型は最も典型的なうつ病と言えます。解釈の仕方によっては、双極性障害と呼ばれる病気もうつ病の一種と見なすことが可能です。双極性障害ではうつ状態と躁状態が反復するため、かつては躁うつ病と呼ばれていました。うつ状態のときの症状はうつ病と一見変わりありませんが、治療法は異なります。

新しいタイプ

メランコリー親和型に対して、近年では新しい種類のうつ病が若い世代を中心に増えてきました。この新型うつ病は非定型うつ病とも呼ばれ、症状の表れ方も微妙に違ってきます。メランコリー親和型はぎりぎりまでストレスを溜め込むタイプの人に多く発症しますが、新型はストレスに対する抵抗力が弱い人に発症例の多い点が特徴です。そのため新型うつ病の患者は何かと誤解されやすく、周囲の理解が得られずに苦しむ事例も少なくありません。新しい種類のうつ病とは言っても、多くの症状はメランコリー親和型と共通しています。いずれの種類でも異変を自覚した時点で病院を訪れるかどうかが症状改善の決め手となります。種類に関わらず、ある程度症状が進行したうつ病を自力で治すのは困難なものです。精神科や心療内科の病院を受診し、医師の治療を受けることによって初めて克服が可能なのです。治療法は症状の進行度合いの他、うつ病の種類によっても変わります。診断に基づいて医師が抗うつ薬などの薬を処方しますが、多くのケースで心理療法が併用されます。メランコリー親和型や新型うつといった種類に関わらず、医師を信頼して粘り強い治療を続けていくことが症状改善への最も確実な方法です。病院にはそのためのノウハウが蓄積されており、さまざまな方面から患者をサポートしてくれます。強い心で現代社会を生き抜きましょう。

自分で追い込まないために

先生

うつ病には単極性、双極性の気分障害以外にも退行期、非定型、仮面うつ病などさまざまな種類があります。精神的苦痛が自覚できないまま身体的不具合が発症したり、普段は落ち着いているのに、ある特定の状況の時だけうつ症状を発症します。

View Detail

うつのタイプ

頭を抱える人

うつ病はかかる人も多いですが、様々な治療法が確立されており、回復を目指すことで本人や雇い主にメリットが生じます。うつ病にもいくつかの種類があり、極度の落ち込みという点では共通していますが、対応の仕方はそれぞれに微妙に異なります。

View Detail